ハイブリッド型 発電機

-レジャー・仕事・非常時に-

アドテック株式会社で製造・販売を行っている「ENEBRID」シリーズは、
ガソリンとLPGを燃料とし、発電機を動かすことができるハイブリッド型発電機です。

ハイブリッド型発電機の特長

ハイブリッド型発電機は、2つの燃料を使えることが最大の利点です。
LPガスとガソリンには、異なる特徴があります。
一つの燃料では、もしもの備えに不安が残ります。
また、二つの燃料が使えるということは、
普段は、ガソリン燃料で利用し、災害時など緊急時には、LPガスでも発電できる
というメリットになります。

LPガスのメリット

LPGは保管しやすく、劣化がしにくいというのが一つの特徴です。
ガソリン発電機の場合、多くの物はメンテナンスを怠ればキャブレターが詰まり、発電機を動かすことが出来なくなります。
災害時、エンジンがかからない・・・ これでは意味がありません。
それに比べ「ENEBRID」シリーズは、キャブレターが詰まりに起因する、故障によって災害時に動かすことが出来ないといった事はありません。
LPGを使用する事で燃料の劣化がない為、そもそもキャブレターは詰まりません。

ガソリンのデメリット

ガソリンに限らず液体燃料は、長期間の放置や極端な温度条件化での補完により成分が変質して劣化してしまいます。
『ガソリンが腐る』とも言われ、エンジンの動作不良に繋がることが多くあります。
条件により様々ではありますが、最短で1ヶ月程度の期間を放置するだけで始動不良・始動不調に陥ります。
一般的に、
 ・1ヶ月に1回の運転と3ヶ月毎の燃料の交換が必要である。
 ・保管時には、燃料は常に満タンにしなければならない。
  もしくは、燃料タンクを空にし、エンジン内のガソリンを完全に抜かなければならない。
などの制約が多くあります。

ご使用上の注意

● ご購入時、発電機にはエンジンオイル・燃料は入っておりません。
● 室内など、排気ガスがこもる場所では絶対に使用しないでください。
● LPガスの供給に関しましては、お近くのガス販売店にご相談ください。
● ご使用前には、必ず取扱い説明書をお読みください。

設計事業の詳細はこちら 発電機を使用する際の注意事項
室内など、排気ガスがこもる場所では絶対に使用しないでください。
発電機はエンジンを回すと排気ガスが出ます。
一酸化炭素中毒の恐れがあるので、屋内、倉庫、車内、井戸、トンネル、タンク内など換気の悪い場所では使用しないでください。
《 公式SNS 》 Hamazoはこちら Facebookはこちら

アドテック株式会社

435-0016

静岡県浜松市東区和田町459番

053-545-9175

053-545-9187

Copyright (C) 2015-2017 copyrights. ADvTECH,inc. All Rights Reserved.